関西ライブ撮りまくりBLOG

photo by sencame

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)

鶴ツアーファイナル@なんばHatch☆









鶴の情熱ツアー2009の撮影でなんばHatchに行ってきました( ̄▽ ̄)

お久しぶりです~!

今回は先月撮影させていただいた鶴の写真とカメラの撮影モードについて記事にしたいと思います

3枚目の楽屋写真ですが、、、
初対面にも関わらずリクエストにノリノリで応えてくださいました( ̄▽ ̄)(笑)

1枚目の写真はもともと縦横3:2の写真を2:1に切って横に並べました
メンバーが3人だとそれでちょうど縦横2:3の写真になるので便利ですね☆

2枚目の写真は候補をざっと選んだ後に色を調節してバランスとりました
左下の写真は例の分身撮影で撮ったものですW(ΦωΦ)WW(ΦωΦ)W(笑)


さてさて、
ここからマニアックな内容になります( ̄▽ ̄;)

ライブ撮影をするときのカメラの設定ですが
マニュアルモードを使うことが一番多く
ブレ量を優先したいときはシャッター速度優先モード
明るさを優先したいときは絞り優先モード
まぐれ狙い(笑)でプログラムオートモード
みたいなかんじでかちゃかちゃ切り替えてます

シャッター速度優先や絞り優先は明るさがガンガン変わる照明で
標準~望遠レンズを使ってるときに便利ですね

マニュアルはとっつきにくい感じがするかもですが
広角で強い光源がフレームに入ってるときはマニュアル以外だとアンダーになりやすいですし
慣れてくると安定していろんな写真が撮れるようになるので試してみる価値はあると思います

シャッタースピードはとりあえず1/125秒くらいで撮ってみて
あとは照明の明るさやアーティストや撮りたいイメージに合わせて調節してます

照明が暗いときに苦労すると思うのですが
アンダーでもぶれてない写真とぶれてても明るい写真を両方撮っておくと喜ばれると思います☆


追伸:撮影に関する記事などはいまの自分がそう思っているだけの内容なので
    ホントに参考程度でお願いしますm(_ _)m
  1. 2009/05/30(土)

by センキャメ


写真の無断使用・転載などはご遠慮くださいm(_ _)m

お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

タグList

センキャメ日記 5D ライブ写真 アーティスト写真 「ドバッとUP」 レタッチ 5DMarkII 撮影テクニック モデル写真 A1 1DMarkIV ダンス写真 機材 サッカー S30 GX200 

Links

このブログをリンクに追加する

Archives

Search

RSS

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。