関西ライブ撮りまくりBLOG

photo by sencame

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--)

アーティスト撮影機材紹介☆



ロケのアーティスト撮影で使ってる機材紹介をしたいと思います( ̄▽ ̄)

お久しぶりです~!
またまたブログほったらかしですみませんm(_ _)m

元気にカメラマン活動してます☆

今回はロケのアーティスト撮影で使ってる照明関係の機材紹介をしようと思います
久しぶりの更新なのにマニアックな記事で申し訳ない、、、( ̄▽ ̄;)

まずキヤノン純正のクリップオンストロボ580EXと580EXⅡ
手軽に持ち運べる照明機材としてとても便利なのですが
もれなくキ○ノンの悪巧みが内蔵されてる点が非常に残念
いじわるな機能制限をいかに免れるか日々格闘してます

それから580EXと580EXⅡをワイヤレスで発光させるワイヤレストランスミッターST-E2
クリップオンストロボ2台を生かすことができるのですが
マニュアル制御できないという重大な欠点があります
なのでAF補助光照射装置として活躍することの方が多いかも(笑)

電源がとれる場合はモノブロックストロボのTEEDA CRICKET MB-400使ってます
チャージタイムが速い、1/64まで光量を絞れるなど値段の割に高性能で良いかんじです

クリップオンとモノブロック共通で白傘、銀傘、傘トレ、ソフトボックスを使ってまして
クリップオン用にドームバウンサーというのも使ってます
ドームバウンサーは簡単に光を回せる便利アイテムでウェディング撮影でも活躍してくれます

屋外でストロボを立てる場合は転倒予防のためスタンド代わりに三脚使用~
風の強い日に傘を使うと重い三脚でも倒れることがありますのでお気をつけください、、、
経験者は語ります(笑)

三脚はハスキー5段ハイボーイとジッツオのエクスプローラーを使ってます
重い機材を運んでくださってる皆さん、いつもすみません
重さの原因の8割はこやつらです(笑)

やんごとなき事由で一脚にストロボをつけることもあります
左手にストロボ付き一脚を、右手にカメラを構える姿は怪しさ満点です

レフ板もよく使います
大は小を兼ねる~!とか言って一番大きなレフ版を買ったのですが
狭い場所では使えないので小さめのも用意しとくと便利だと思います

うわ、
機材紹介ってやっぱり長文になっちゃいますね、、、
今回はここらへんで失礼させていただきます( ̄▽ ̄)


追伸:こっちのブログも更新しました☆
  1. 2009/01/25(日)

by センキャメ


写真の無断使用・転載などはご遠慮くださいm(_ _)m

お問い合わせ

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

タグList

センキャメ日記 5D ライブ写真 アーティスト写真 「ドバッとUP」 レタッチ 5DMarkII 撮影テクニック モデル写真 A1 1DMarkIV ダンス写真 機材 サッカー S30 GX200 

Links

このブログをリンクに追加する

Archives

Search

RSS

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。